ココモ法で負けを恐れずプレイ

マイナス要素を補った攻略法

マイナス要素を補った攻略法

オンラインカジノはギャンブル業界の中でもとりわけペイアウト率が高く、そのペイアウト率はなんと96%以上にもなります。
これはつまり、使用した金額の96%が払い戻されるということを意味しているので、日本のギャンブルのパチンコや競馬などとは比べものにはならない勝ちやすさとなっています。
オンラインカジノはこうした高すぎるペイアウト率を持っているのですが、攻略法を駆使することでさらにペイアウト率を高めることができます。
攻略法を相応しいゲームに適切なタイミングで使うことができればペイアウト率を100%以上にまで高めることも不可能ではなくなります。

カジノは長い歴史を持つギャンブルなので攻略法も数多く存在します。
その攻略法の中でも古くから多くのプレイヤーにより使用されているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は2倍配当に使える攻略法で、負ける度にベット額を倍にしていくだけです。
連敗が続いていてもたった1回勝てば損失分を取り戻し、1回目のゲームのベット額分の利益を手にすることができます。
しかし、負ける度に倍額にしていくためベット額の上昇が激しいので、資金を多めに用意しておかなければなりません。
また、オンラインカジノではゲームごとにベット額の上限を決めているので、1回目のゲームから大きくベットしてしまうと、わずか数連敗でベット額の上限に達し、マーチンゲール法が使えなくなってしまう可能性もあります。
マーチンゲール法は使いやすく、理に適った攻略法ですが、このようなマイナス要素もありますので使用する際は注意が必要となります。
しかし攻略法の中にはこのマーチンゲール法のマイナス要素を補った攻略法も存在します。

それがココモ法で、ココモ法は1回勝だけで損失を取り戻せながらも、連敗の際のベット額の上昇がマーチンゲール法よりもずっと緩やかなので、資金もそれほど多めに準備しておく必要はありませんし、1回目のゲームであまりにも大きくベットしさえしなければベット額の上限に引っかかることもないでしょう。
また、ココモ法は連敗数が増えれば増えるほど勝った時の利益が増えるという特徴があるので、負けを恐れることなくプレイすることができます。

ココモ法は勝率1/3のゲームで使用できる

ココモ法は勝率三分の一のゲームで使用できる

同じ特徴を持つマーチンゲール法は勝率1/2のゲームで使うことができましたが、ココモ法は勝率1/2のゲームには使えず、使えるのは勝率1/3のゲームとなります。
勝率1/3のゲームは限られていて、ルーレットの1-12、13-24、25-36のどれかにベットするダズンベットか縦三つに分けたエリアにベットするカラムベットくらいしかありません。

ルーレットは遊び方がとてもシンプルであるため、オンラインカジノ初心者の方でも悩むことなくプレイすることができると思いますが、オンラインカジノで人気の高いバカラやブラックジャックなどでは使えないので、楽しむという点においてはマーチンゲール法より劣ってしまうでしょう。
また、マーチンゲール法と比べて勝率が20%程度下がってしまうので、連敗が長く続いてしまうことも考えながらプレイする必要があります。
マーチンゲール法よりもベット額の上昇が緩やかであると言っても、10連敗もしてしまうとベット額はそれなりの大きさとなってしまうので、ベット額の上限についても意識しながらプレイする必要があります。

ココモ法の使用方法とシミュレーション

マーチンゲール法は負けが続いている間、前回のゲームの倍をベットしていくことになりますが、ココモ法の場合は前回と前々回のゲームのベット額の合計をベットしていきます。
そのため、前々回のゲームが存在しない1ゲーム目、2ゲーム目はどちらも1をベットすることになります。
この1というのはベット単位であるため、ベット額は自分の資金に合わせて決めましょう。

1ゲーム目のベット額は1、負けてしまった場合のトータル収支は-1となります。
勝った場合は+2の利益を得ることができます。

2ゲーム目のベット額は1、負けてしまった場合のトータル収支は-2となります。
勝った場合は+1の利益を得ることができます。

ココモ法の使用方法とシミュレーション

次の3ゲーム目からベット額は前回、前々回のベット額の合計となります。

3ゲーム目のベット額は2、負けてしまった場合のトータル収支は-4となります。
勝った場合は+2の利益を得ることができます。

4ゲーム目のベット額は3、負けてしまった場合のトータル収支は-7となります。
勝った場合は+2の利益を得ることができます。

5ゲーム目のベット額は5、負けてしまった場合のトータル収支は-12となります。
勝った場合は+3の利益を得ることができます。

6ゲーム目のベット額は8、負けてしまった場合のトータル収支は-20となります。
勝った場合は+4の利益を得ることができます。

7ゲーム目のベット額は13、負けてしまった場合のトータル収支は-33となります。
勝った場合は+6の利益を得ることができます。

8ゲーム目のベット額は21、負けてしまった場合のトータル収支は-54となります。
勝った場合は+9の利益を得ることができます。

9ゲーム目のベット額は34、負けてしまった場合のトータル収支は-88となります。
勝った場合は+14の利益を得ることができます。

10ゲーム目のベット額は55、負けてしまった場合のトータル収支は-143となります。
勝った場合は+22の利益を得ることができます。

このようにココモ法は一度の勝ちで負けを取り戻せるだけでなく、負けが続くほど利益も大きくなっていくので、マーチンゲール法よりも安心した気持ちで使用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です