占有率の高さを自ら放棄した決済サービス

占有率の高さを自ら放棄した決済サービス

オンラインカジノといえば、以前はネッテラーがいわば「セット」でした。
オンラインカジノで得た利益は、ネッテラーを活用することで自分の口座に入金してもらったり、あるいはネッテラーが発行していたカードを使うことでATMから引き出すなどして、自分の手元に現金をというものでした。

しかし、ある時を境にネッテラーは撤退してしまいました。
そのため、それまでオンラインカジノを楽しんでいたユーザーに不安が押し寄せたのは言うまでもありません。
今後どうなるのか、利益を日本円にすることはできなくなるのではないか、などといった惧も囁かれていたのですが、アイウォレットやエコペイズといったネッテラーに変わる送金サービスが登場したことで事なきを得ました。

そのため、ネッテラーは自然と忘れられていったものですが、そもそもなぜネッテラーが撤退したのか。
その理由は公式には語られていませんので、憶測が飛び交っています。

ネッテラー撤退時のオンラインカジノ界隈

ネッテラー撤退時のオンラインカジノ界隈

ネッテラーの撤退として様々な所で囁かれているのは、ネッテラーが日本のオンラインカジノ市場に「見切りをつけた」からとされています。

日本国内からでも気軽に楽しめるオンラインカジノは、順調に利用者を増やし、知名度も高まっていました。
しかし、当時オンラインカジノは適法なのか違法なのか、線引きがよく分かっていませんでした。
「国外のサービスだからセーフ」「サーバーのある国がカジノが適法であればセーフ」という論調から、「日本ではカジノは禁止されているから日本人はアウト」など、様々な声がありました。

そんな時、日本人のオンラインカジノユーザーが逮捕されるという事件が起きました。
オンラインカジノユーザーに衝撃が走ったのは言うまでもありません。
そして、その衝撃の中でネッテラーは特に公式にアナウンスするでもなく、日本市場から撤退してしまいました。
日本市場から撤退したのも、ユーザーに対し「新規でのサービスを受け付けない」といった文書を出したのみで、細かい理由までアナウンスされた訳ではありません。
そのため、真相は藪の中となっています。

逮捕者を出したことが更なる飛躍につながった

逮捕者を出したことが更なる飛躍につながった

「オンラインカジノユーザーで逮捕者が出た」と聞けば、「やっぱりオンラインカジノはアウトなんだ」と思うことでしょう。
しかし、ここから意外な展開が待っていました。
むしろ、その展開のおかげで国内のオンラインカジノが大きな盛り上がりを見せるようになったといっても過言ではありません。
なぜなら、逮捕されたものの起訴まではされなかったのです。

日本人的心情として「逮捕されたらダメ」という思いが強いかと思いますが、法律的な面から考えると、逮捕はいわば「疑わしい」であって、完全に「アウト」と決められたわけではありません。
オンラインカジノで逮捕された日本人オンラインカジノユーザーは逮捕はされたものの、嫌疑不十分ということで起訴はされず、釈放されました。
結果、現在の法律ではオンラインカジノで楽しんだとしても「起訴にまでは至らない」、つまり「オンラインカジノが違法ではない」ということが、警察によって証明されることになってしまったのです。

警察側としては、オンラインカジノの広まりを受けて何かしらのくさびを打ちたかったのでしょう。
そこで逮捕することで、オンラインカジノ業界に何かをと考え、実際にネッテラーは撤退してしまいました。
しかし、起訴にまでは至りませんでしたので、皮肉なことに警察の動きが「オンラインカジノを楽しんでもOK」とのお墨付きを与えることになってしまったのです。

それでもネッテラーが戻ってくることはありませんでしたが、エコペイズやアイウォレットといった送金サービスが登場がその代替手段として機能し始めていました。
その上、ネッテラーが国内から撤退した後も、オンラインカジノは存在感が消えるどころか、むしろ「警察からのお墨付き」を得たも同然なので、更なる盛り上がりを見せるようになりました。

ネッテラーに戻ってきてもらいたいと思っている人もいるようですが、ネッテラーの機能はアイウォレットやエコペイズとほぼ同等なので、それらを使うことでオンラインカジノの利益を手元にしている国内のオンラインカジノユーザーも多いです。
もちろんこれらはあくまでも時系列を並べただけで、ネッテラーとしては違った事情があるかもしれません。
しかし、時期が被ったことから、ネッテラーは日本市場を見放したとの憶測が流れていたのも事実です。

まとめ

ネッテラーが日本から撤退したのは事実ですし、その後、戻ってきていません。
しかし、ネッテラーに変わってエコペイズやアイウォレットが登場したことや、起訴にまで及ばなかったという事実が、オンラインカジノのさらなる普及を後押ししました。
今後ネッテラーが日本市場に「再上陸」する可能性は、公式にアナウンスされていない以上何とも言えませんが、ネッテラーがなくともオンラインカジノを思う存分楽しめる環境が整えられているのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です