利点と欠点を見極めて遊ぶ

オンラインカジノについて

オンラインカジノは、ネット上で出来るギャンブル・ゲームの一つです。世界中で人気となっており、オンライン上で手軽に出来る事から、日本人プレイヤーも増えています。最近では、多くのオンラインカジノの攻略サイトや紹介サイトもあり、気軽に参加をすることが出来て、空いた時間にプレイが出来ます。
また、パソコンだけではなく、手持ちのスマートフォン、タブレット端末でも対応をしているオンラインカジノも多いですので、外出先でも、場所を問わずにプレイが出来てしまうのが魅力です。

オンラインカジノは、実際に現金を賭けることが出来て、そしてエキサイティングなゲームを楽しめます。ルーレットやスロット、ブラックジャックやバカラなどの、カジノでおなじみのゲームの数々を始めとし、日本人プレイヤーのために、麻雀やパチスロなどが揃っているオンラインカジノもあります。
多くのゲームで楽しみつつ、実際に現金を儲けることが出来るというのが大きな魅力です。

オンラインカジノの運営、そして仕組みとは?

初心者の方からすると、オンラインカジノの仕組みがどうなっているのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。

オンラインカジノは、実は運営をするためにはライセンスが必要な為、ライセンスを国から正式に発行された上で運営されています
ほとんどの優良オンラインカジノは、このライセンスのマークが公式ホームページに記載されていますので、チェックをしましょう。
オンラインカジノが合法とされている国には、イギリス、マン島、そしてジブラルタル、フィリピン、マルタ共和国などがあります。こういった国で、厳正な審査が行われ、ライセンスが発行され、海外の諸国で運営されています。

また、プログラムを運営してるのは運営業者ですが、ゲームのソフトウェアを開発しているのは、大手のソフトウェア開発会社です。これには「マイクロゲーミング社」「プレイテック社」などがあります。
多くのソフトウェア会社が、オンラインカジノ業界に参入し、そして新しいゲームを次々と開発しています。

また、プレイヤー、オンラインカジノの間に立ち、現金の管理を行っているのが、電子決済サービス会社の存在です。
海外の業者が運営をしているオンラインカジノでは、入出金のやりとりをする際に、電子決済サービスを利用することがほとんどです。
電子決済サービスとして有名なものに「エコペイズ」などがあります。アカウントを作成するだけで、入出金を管理することが出来て、日本語化がされています。
オンラインカジノは、このように構成されており、数多くの企業が参入をしているのが特徴です。

オンラインカジノのペイアウト率の高さ

オンラインカジノは、ハウスエッジが低く、そしてペイアウト率が非常に高いギャンブルです。
ペイアウト率は、95%以上に保たれており、パチンコやスロットが80~85%、そして、競馬が75%程度となっています。宝くじ、スポーツくじに関しては、45%程度です。
オンラインカジノは、店舗を持たないので、豪華な設備や人件費が必要有りません。つまり、運営側がそれだけ儲けをプレイヤーへと還元することが出来るのです。
ハウスエッジが低く、運営側の儲けが少ないのも特徴です。このため、これからギャンブルをするのであれば、勝ちやすいともいえるでしょう。

オンラインカジノの信頼性について

オンラインカジノを始める際に、信頼性がいかほどなのかという点は気になるところです。
オンラインカジノは、信頼性が非常に高いギャンブルとなっています。というのも、大手のオンラインカジノ業者に関しては、外部の監査機関から監査を定期的に受けており、その公平性や、安全性などを厳しくチェックされています。

ペイアウトがなされているか、不正がないかといったこともチェックされていますし、「イーコグラ」などのオンラインカジノの監査機関において認定されているサイトならば、問題なくプレイが出来るといえるでしょう。
もしも不正があれば、その時点でライセンスを剥奪されてしまい、認定をして貰うことが出来ません。オンラインカジノは、このように外部の監査機関による定期的なチェックを受けることで、その公平性を保つ努力をしています。
そうすることで、プレイヤーからの信頼を集めることを目的としています。

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノは、メリットばかりではなく、問題点もいくつかあります。それは、オンラインカジノは、入出金の際に、クレジットカードでの入金になりますので、つい使い込んでしまい、限度額以上にお金を費やしてしまう方も存在しています。
また、勝ったときと負けたときのリターンの差が激しく、ギャンブル依存症になってしまう方も増えています。
依存症になりやすい方、パチンコ依存症の方は、オンラインカジノに手を出すことは避けておいた方が良いといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です